とにかく効率よく勉強することが大事です

数学の成績が伸びない?

それは君にとって朗報ですよ

仕事柄、受験生からよく質問をもらうわけだけれども、数学の成績が伸びないと言って自信を無くしている受験生が意外と多くいます。

でも、そんなときは冒頭のような言葉をかけています。
みんな一様に、何言ってんだ?って顔をしますけど(笑)

 

 

数学は最も簡単に成績を上げやすい科目

僕の印象では、数学は最も簡単に成績を上げることが出来る科目です。

なので、他の科目が苦手な受験生と比べ、
伸びしろが非常に大きいのです。

 

もちろん
「数学も成績が伸びないけど、

英語も国語も社会も理科も成績が伸びない」

とか言われちゃうと、そりゃ受験をあきらめなさいって言うしか無いんだけど。

 

 

とにかく数学は成績を伸ばしやすいんです。勉強法を変えるだけで、成績はぐんぐん伸びていきます。

 

数学は暗記科目です

こんな話を聞いたことはありませんか?

数学と言えば、一生懸命考えて問題を解くものだと教えられてきましたが、実際には暗記科目として取り組んだほうが、成績の伸びは早いです。

 

実際には数学が暗記の学問ではなく、 『受験数学』が暗記です。この辺りの詳しいことは、理科編で書かれていますので、そちらを読んでみてください。

 

 

数学は「考えない」ことが大事

もう一度言いますが、数学は、じっくり考えて解くものだという考えが一般的ですが、一般的な考えではあんまり成績が伸びていきません。

数学は暗記科目だと割り切り、いかに多くのパターンの解法を自分の体に身につけるかが、成績アップの秘訣です。

 

解き方が分からない問題を熟考して、答えを導き出すとことは大切かもしれませんが、受験本番でそんな時間はありません。

解法を知っている問題なら確実に解けるわけで、
そのパターンをいかに覚えるかが鍵です。

 

 

 

1問にかける時間は・・・

数学が好きな受験生がハマりがちなのが、1門に対し、じっくり時間をかけて解法を導き出すことです。ある受験生はよく「あの1問に2時間掛けてやっと解けました!」なんて自慢していたけど、彼は成績が伸びませんでした。

 

数学は好きなのに、成績が思うように伸びないと思ってるなら、注意が必要です。彼と同じ道を辿ります。

 

 

数学の実力=問題を解いた数

1問に対し考える時間は10分以内。 それで分からなければ、答えを見て解く。そして同じ問題を何度も解いて、その記憶を強固なものにする。

1問に1時間も2時間もかけて解いてはいけません。だって受験本番はそんな時間ありませんから。

 

菊川怜さんが過去オススメしていた勉強法

※ この教材を読んで、暗記の重要性に確信がもてました
※ なぜ「過去」なのか?その理由はこちら

 


コンテンツ

菊川怜さんがオススメしていた「医学部生の大学受験勉強法」
1.菊川怜さんが過去おすすめしていたの「過去」の意味
2.英作文の勉強は受験に必要か
3.数学の成績が伸びない理由
4.化学・物理は暗記科目なのか
5.医学部生の大学受験勉強法は特典も充実

 

レビューの勉強法

医学部生の大学受験勉強法の詳細

今回レビューした「医学部生の大学受験勉強法」の詳細ページです

今だけ無料プレゼント

コンテンツ
速読術


速読術で数学の点が上がる秘密はこちら
数学だけじゃない、脳の回転数が上がるので全ての教科の成績が上がります